TAKASHIMAYA BLOG柏タカシマヤ

伝統の製法でつくる絶品の「鳴門灰干わかめ」!!次代に残したい逸品です!!!

2018.10.19
少しづつ寒くなってきましたネ・・・
カゼも流行りはじめたようです。
皆さんも気をつけてお過ごしくださいませ( ̄◇ ̄;)

ところで?きょは歴史と伝統の “うまいもの” !!
創業明治40年!徳島名産『鳴門灰干わかめ』で~す★


そもそも「灰干わかめ」ってご存知ですか?
徳島県阿波市の名産品で、生のワカメに活性炭の粉末をまぶしそのまま乾燥させるという、伝統の製法で作られるワカメのこと!
湯通ししないことで、栄養分が逃げないだけではなく、常温で長期間の保存ができる!磯の香りもワカメの食感も「生」に近い状態で食べられる、まさに万能な逸品なのですゾ(⦿_⦿)

さっそく試してみました♪
袋を開けて、まずビックリ!?これ・・・炭そのもの?(゜◇゜///)
まっ黒だし、カサカサだし、食べられるの??
ところが、洗ってみると・・・
みるみる、まっ黒い灰が落ちて、あっとゆーまにキレイな「生わかめ」に変身!?マジックみたいだーー!!



適当な大きさにカットして、ポン酢でいただきました♪
OH!歯ごたえシャキシャキ!風味も◎!おいひですー\(^o^)/

この「灰干わかめ」いま、存亡の危機なんだそう・・・
天候に左右されやすい製法で生産効率が悪く、後継者も激減している状況なんですって(´^`;)
カシタカとしては、たくさんのお客様に “良さ” を知っていただいて、応援していきたいと思います!!!

今回のイベントは、本館地下1階青果前のイベントコーナーで 10/23(火)まで!!ぜひぜひお試しあれ!!
来年早々には「味百選」の催事にも登場する予定なので、これからもよろしくで~すヾ(⌒▽⌒)ゞ
ページトップへ